おとなの読書感想文

恋愛小説から自己啓発まで。26歳OLの読書感想文。

叙述トリックの二重構造- 『葉桜の季節に君を想うということ』歌野晶午

おなじフィットネスクラブに通う久高愛子から、「おじいさん」の死の真相を突き止めるよう依頼された、「なんでもやってやろう屋」成瀬将虎。

久高愛子の話では、高齢者をターゲットにした霊感商法業者「蓬莱倶楽部」が、その死に関与している可能性があるといいます。

 

後輩のキヨシとともに調査を進めていくと、蓬󠄀莱倶楽部の悪徳商法の実態が次第にみえてきました。

彼らは高齢者の弱みにつけこみ、言葉巧みに高額な商品を売りつけていたのです。

 

古屋節子も、蓬󠄀莱倶楽部の底なし沼にはまった高齢者の1人でした。

貯金が底をつくと、息子たちに迷惑をかけまいという思いから借金を繰り返し、ひいては闇金に手を出すようになっていました。

違法な利率で金を借り、返済の見込みが立たないほど膨れ上がった借金のカタとして、彼女は蓬󠄀莱倶楽部の手先に身を落としていってしまいます。

 

蓬󠄀莱倶楽部の調査と前後して、将虎はある女性と運命的な出会いをしていました。

麻宮さくら。駅のホームで自殺を試みたところ、間一髪で将虎に命を救われた女性です。

将虎はこの麻宮さくらに他の女性にはないものを感じ、次第に惹かれていくことになります。

 

蓬󠄀莱倶楽部と、「おじいさん」の死の因果関係。

余生を翻弄された古屋節子の、なれの果て。

成瀬将虎と麻宮さくらの、秘密の関係。

 

小説を読み進めると浮かび上がってくる、複雑に絡み合ったいくつもの伏線は、終盤で一気にその全貌を現します。それは読み手の想像を超えた、驚きの結末でした。

 

 

でも、この小説の醍醐味は、それだけではありませんでした。

叙述トリックの二重構造、とでも呼ぶべきでしょうか。

 

物語を読むとき、私たちはそこに広がる世界を受け入れ、引き込まれていきますが、

読み手はその過程で、その世界をかたちづくる、外界との境界線のようなものを形成していると考えています。

それはたとえば絵画にとっての額縁のようなもので、現実世界との境界線が、唐突にキャンパスに描かれた人物や風景の描写を一個の作品たらしめるように、

物語においては現実世界との間に隔たる境界線を飛び込えていくことで、たとえばハリーポッターのような魔法の世界であっても、その世界を受容し、引き込まれていくことができると思うのです。

 

この小説『葉桜の季節に君を想うということ』は、決してファンタジー要素があるというわけではありませんが、

それでも読み手は登場人物のことばづかいや、行動、時代を連想させる描写などからこの物語が繰り広げられる世界を認識し、自分なりにその世界の枠組みを形成しながら読み進めていくことになります。

 

 

もうすでに、作者のトリックに引っかかっているとは知らずに。

 

 

ジェットコースターは、落ちるとわかっていても恐怖や興奮を味わえるものですが、

この小説も、読み手は騙されるとわかっていても必ず仰天してしまうはずです。

乗り物に乗った者だけが体験することのできる、トリックの二重構造。

それは、この小説を手に取り最初のページをめくった瞬間から、はじまっているのです。